タグ別アーカイブ: 鉛筆ホルダー

大人が鉛筆を使うためにお薦めしたいこと(4)短寸鉛筆のススメ

短寸鉛筆

「大人が鉛筆を使うためにお薦めしたいこと」の最後に、
「短寸鉛筆」のことをお話ししたいと思います。
つまり、短い鉛筆のススメです。

鉛筆の長さ(170〜180ミリ程度)は、
手のひらの長さ(指先から手首まで)が元になっているようですが、
(ファーバーカステルが決めたらしいですね)
どうも、これが長すぎると感じて仕方ありません。
大人の私が長いと感じるのですから、
小学生にとっては、もっと長すぎるんじゃないでしょうか。
(実際、子供向けのやや短めの鉛筆も登場しているようです)

かつての、鉛筆の使用量がもっと多く、また鉛筆が貴重だった時代には、
長い方が使い出があってよかったのかもしれません。

しかし、現代において、大人の鉛筆使用量から考えて、
それほど長い必要はないように思われます。

それよりも、持ちやすさやペンケースに入れたりして
携帯しやすいことの方が大切な気がします。

私の場合は、鉛筆ホルダーで最初から使えるように、
北星鉛筆さんにお願いして、
130ミリの鉛筆を作ってもらいましたが、
いずれにしても、短めの鉛筆は有用性が高いと考えています。

「短寸鉛筆」 これからのひとつのスタイルにならないでしょうかね?

短寸鉛筆はこちらでご覧になれます。
(文具Shopプラーナのページが開きます。宣伝ですみません)


大人が鉛筆を使うためにお薦めしたいこと(3)キャップを使おう

キャップ

前回までに、柔らかめの芯を鉛筆ホルダーで使うことで、
バランスよく手に馴染み、
さらさらと力を入れずに、
鉛筆を楽しめることを紹介しました。

今回は、さらに、キャップを使うことで、
鉛筆に機動力を与えることについて書いてみたいと思います。

これも当たり前の話ではありますが、
鉛筆にしろ、鉛筆ホルダーにしろ、
そのままでは芯がむき出しになっているので、
バッグやペンケースに入れると、
周りが汚れたり、芯が折れたりするので、
携帯性がどうしても悪くなってしまいます。

鉛筆には鉛筆用のキャップが存在します。
学童用のものから、革製のこだわりのものまで、
今はたいぶ種類が増えている気がします。

鉛筆に鉛筆キャップももちろんいいのですが、
私は、「鉛筆ホルダーにキャップ」をお薦めしたいと思います。

それは、
鉛筆に鉛筆キャップだと(最初から短い鉛筆を使えば別ですが)、
もともと長い鉛筆がさらに長くなり、
これが入るペンケースはかなり限られてしまうからです。

鉛筆ホルダーは長さ的に携帯するのにも向いていると思うので、
お気に入りのStyoArt鉛筆ホルダー用のキャンプが欲しくなり、
いろいろ探しているうちに、
Agingの革製鉛筆キャップに目がとまりました。

キャップ

この鉛筆キャップは、「すごい文房具」にも取り上げられたらしく、
機能がデザインに反映した姿カタチに惹かれました。
このデザインをベースに、鉛筆ホルダー用のキャップを
作っていただけないかとお願いして完成したのが、
こちらの鉛筆ホルダー用のキャップです。
(鉛筆ホルダーの軸径に合わせて、大きめのサイズになっています)

キャップ

キャップがあるかないかは、
思った以上に違います。
ペンケースに入れたりする時はもちろんですが、
机の上に置いている時も安心感があります。
また、使用中も、尻軸につけておけば、
机に置いた時のころがり防止になります。

今では、キャップをつけた鉛筆ホルダーがすっかり当たり前になり、
最初からこういうデザインのものではないかと思うくらいになってきました。

鉛筆ホルダー用のキャップはこちらでご覧になれます。
(文具Shopプラーナのページが開きます。宣伝ですみません)


大人が鉛筆を使うために薦めたいこと(2)鉛筆ホルダーを使おう

前回、鉛筆離れが起きる原因の一つとして、
「大人の手に心許ない」ことを指摘しました。

では、この問題はどのように解決したらいいのでしょうか。

●鉛筆ホルダーは、細さ、軽さの解決策
その答のひとつになるだろうと考えているのが、
鉛筆ホルダー(鉛筆補助軸)です。

鉛筆ホルダーは、短くちびた鉛筆を使いやすくするための
補助軸ですが、
ある時、StyloArtさんの鉛筆ホルダーを試す機会があって、
鉛筆ホルダーが、単に長さの補助にとどまらず、
細さ、軽さに対する解決策でもあることに気がつきました。
(昔から気づいている人はとうに気づいていたのでしょうが)

鉛筆ホルダー

●鉛筆ホルダーをつけた状態がデフォルトと捉えてみる
つまり、短くなってから使うものというより、
私は、常に鉛筆ホルダーに入れて使うのがいいだろう考えました。
鉛筆を大人の手になじむ鉛筆に変えるのが鉛筆ホルダーだと、
その役割を捉え直すとハッピーなのではないかと。

●手にしっくりくれば、無駄な力が必要ない
鉛筆ホルダーにつけて鉛筆を使っているうちに気づいたことがあります。
軸の太さ、重さ、バランスが手にしっくりくるので、
必要以上に力を入れる必要を感じません。
柔らかめの芯を合わせれば、
さらさらと気持ちよく筆を進められてうれしくなってきます。

というわけで、
鉛筆ホルダーは、鉛筆が自分にとって必要な筆記具であることに、
気づくきっかけだったのです。

皆さんも、
鉛筆ホルダーを、“手になじむためのツール”として、
活用してみることをお薦めしたいと思います。

鉛筆ホルダーはこちらでお求めになれます。
(文具Shopプラーナのページが開きます。宣伝ですみません)


鉛筆ホルダーとキャップ

pencilholder2

「鉛筆は最初から鉛筆ホルダーで使おう」と思い、
Stylo Artさんの鉛筆ホルダー、
エイジングさんに作っていただいた鉛筆ホルダーキャップ、
そして、ここには写っていませんが、
北星鉛筆さんに作っていただいた短寸鉛筆(130ミリ)が揃ったので、
この3点セットをショップでも展開していこうと思っています。