パイロット「カクノ」は万年筆の楽しみ方を拡げる

パイロットの新しい万年筆「カクノ」は、
手頃な価格(本体1000円)とカジュアルなデザインが魅力の万年筆です。

書き味については、製品によるバラツキが少なそうで、
(3本ほど試していますが、いずれも問題なく使えています)
はじめて万年筆を使う人が、つまづく可能性が低いことはなによりだと思います。

さて、私が個人的に、
この「カクノ」が面白いと思う点のひとつは、
カラーバリエーションがキャップで展開されていることです。
キャップの色が違っても、軸は共通でグレーです。

キャップの色に意味を持たせる選び方ができる

なぜ、これが面白いのかというと、
軸の色が一緒で、キャップの色だけ違うと、
キャップに意味を持たせようかなという気持ちになるのです。
好みの色で選ぶという選び方だけでなく、
用途や意味を持たせる選び方が自然とできる気がしました。

わかりやすい例でいうと、赤いキャップに赤いインキを入れて、
書類書き込み・校正用にする、といった使い方です。
用途を絞るのは贅沢な使い方ですが、
それも、千円だからこそやりやすいといえます。

キャップの色に自分なりの意味を持たせて使い分ける、
それを手軽に実現できる「カクノ」は、
万年筆の楽しみ方を拡げてくれそうだと期待しています。


私は、青のキャップにiroshizukuの紺碧、
赤のキャップに山葡萄、グレーに霧雨を入れてみました。

商品はこちらでご案内しています(ショップへのリンク)
パイロット万年筆「カクノ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">