鉛筆を選んでみる:その2)カランダッシュTECHNOGRAPH

TECHNOGRAPH

前回の流れで、2回目もカランダッシュを試してみました。

カランダッシュのTECHNOGRAPH、
黄色い軸が印象的です。
(トンボや三菱の黄色い鉛筆よりもレモンイエローな黄色です)

GRAFWOODよりもスタンダードなラインで、
値段も半分以下です。
(150円。逆に言えば、GRAFWOODってかなり高いです)

書いた印象は、
なめらかというより、滑りがいいという感じ。
つまり、それって硬いってことなんでしょうね。

そのなかで、2Bは好印象でした。
硬度的には、Hi-UniのBに近いような気がします。
さらに、Hi-Uniよりも気持ち硬いかなあ・・・。
良くいえば、“腰がある”書き味です。
好みによって、Hi-UniのBよりも、
TECHNOGRAPHの2Bを選ぶ人もいるんじゃないかと思いました。
私は・・、うーん、正直言って難しいです。
もうちょっと使ってみたいですね。

以下は、満寿屋のクリーム紙に試し書きしたものです。
(普通に書いている分には、硬度・やわらかさは実感できても、
 書いた文字の濃さは、それほど大きな差は表れないものですね)

試し書きTECHNOGRAPH

<とりあえずの結論>
TECHNOGRAPHの2Bは、軽く文章を書いたり、
メモをとるのにいいかもしれない。

【仕様(実測値)】
<カランダッシュ TECHNOGRAPH>
 太さ:約6.9mm
 重さ:4g
<三菱鉛筆 Hi-Uni>
 太さ:約7.3mm
 重さ:4g

ちなみに、手許にあった黄色い鉛筆を並べて写真撮ってみました。

黄色鉛筆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">