大人は万年筆を使うべきだ(と言い切ってみよう)

■万年筆はどこに行った

清書の機会が減った。
正確に言えば、清書はパソコンに置き換わったので、
手書きで清書する機会が減った。
せいぜい、宛名書き程度という人も多いと思います。

そして、万年筆は落書き用か、清書用かといえば、
清書用と捉えられているのではないでしょうか。
清書の機会が減れば、万年筆の必要性は、
ますます、感じられなくなります。

「万年筆は何がいいんですか?」と
質問を受ける事態となるわけです。

■万年筆は落書き用の筆記具だと考えてみる

清書用に登場機会がなければ、
落書き用と考えてみてはどうでしょう?
大人の落書き用筆記具です。

大人になると落書きをしなくなる、
必要なことを、必要な箇所にしか書かなくなる。
しかし、大人にも落書きは必要だと思います。

■大人の落書きとは?

大人の落書きって何でしょう。
簡単に言えば、「自由に書く」ということです。
自由とは、自由に考えることであり、
自由に書きたいところに書きたいように書く
ということです。
そして、この2つはたぶん密接に関係しているんじゃないと思うのです。

自由に考えたから、書きたいように書く、
書きたいように書けるから、自由に考える。
相互に関係し合って、「自由に書く」が成立している。

つまり、落書きと言っても、
ぐるぐると書いたり、試し書きのようなことをしようと
言っているのではありません。

考え事をする時とか、旅行の計画を立てるとか、
そんな時は、決まったスペースに、決まったフォント・線でかくパソコンよりも、
手で「自由に書く」環境の方が、
束縛なく、柔軟な発想に役立つんじゃないかと思うです。
大人は大人の落書き環境を失うなと言いたいのです。

■万年筆で自由に書く

では、なぜ、万年筆は落書き用にいいのか?
それは、万年筆は筆記具の中でも筆圧が最も軽くていいので、
楽に、つまり、負担なく書き進めることができる、
さらに、紙からのフィードバックが心地いいので、
書くこと自体が楽しい、というのがあります。

「自由に書く」の“自由に”を最も妨げることなく、
楽しめる筆記具のひとつが万年筆だと思っています。


大人は万年筆を使うべきだ(と言い切ってみよう)」への4件のフィードバック

  1. けいすけ

    はじめまして。
    私は先日初めて万年筆をゲットしたのですが、使い時に少し困っていました。
    落書きはもったいない気もして・・・
    でもすこし考え方を変えて、
    大好きな万年筆で、大人の落書きを楽しんでみようと思います。
    ・・・落書き帳が欲しくなりますね。

    返信
  2. morinagafo 投稿作成者

    けいすけさん、コメントありがとうございます。
    万年筆は特別なものではないと思いますので、用途を限定せずに、
    がんがん使うのが、万年筆のためにもいいと思いますよ。
    落書き用に、万年筆に向いた紙のノートを用意するのも
    モチベーションがあがっていいですね。

    返信
  3. odorokikent

    はじめまして
    ここに書かれていること、同感です。

    私はふとしたことから、万年筆を手にして、万年筆で落書きを始めました。
    万年筆は、書くのが楽なので「書くこと」よりも考えを「出すこと」に集中しやすいです。
    私は万年筆をもっぱら、「落書き」に使っています。
    落書き帳は、今のところ「月光荘のうす点4F」を使っています。

    返信
    1. morinagafo 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      「考えを『出すこと』に集中しやすい」
      まったく同感です。
      一旦万年筆のよさを知ると、みんな万年筆を使えばいいのにと思いますよね。
      月光荘のうす点は、落書き帳によさそうですね。
      私はもっぱら、満寿屋の原稿用紙と同じ紙で作ったメモパッドなどを使っています。
      (ちょっと贅沢ですけどね)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">