書くにまつわる単語帳:「いたずら書き」

いたずら書き、これもまた、手書き特有の言葉です。
キーボードで、いたずら書きするという発想は、
少なくとも私にはありません。

■書いてはいけない所に書く
いたずら書きの一つ目の意味が、
「書いてはいけない所に文字、絵などを書くこと」ですが、
キーボードで打ち込む先には、”書いてはいけない所”がそもそもないのですから、
”いたずら”の成立しようがありません。
あるとしたら、他人のパソコンなどに勝手に書き込むといったことでしょうか。
(これが、いわゆるハッキングですね)

そう考えると、
手書きの強みは、どこにでも(いろいろな制約、制限はあるにしても)
書けることなんだなと気づきます。
書くところは、ノートやメモ帳に限られていません。
時には、手のひらにメモするなんてことは、
キーボードにはできない芸当なわけです。

■遊びの気持ちで書く
いたずら書きの二つ目の意味に、
「遊びの気持ちで文字、絵などを書くこと」とあります。
こちらは、キーボードでも全くないわけではないかもしれません。
しかし、手書きの”気ままさ”、
特に、絵とか図を交えながら、気が向くまま、書き連ねる感覚は、
キーボードではなかなか得られないものではないでしょうか。

また、万年筆の試し書きも、
一種のいたずら書きのといえるのかもしれません。
ペン先の感触を確認しながら、
好きな文字を書いたり、ぐるぐる線を書いたり、
これはもう、いたずら書きが可能な手書きの醍醐味です。

無意味な線を書いてみる、
また、その線が書くたびに、さっき書いた線とは違う、
そういった、無限の曖昧性があるからこそ、
いたずら書きが成立する、
なんだか、いたずら書きが崇高に思えてきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">