大人が鉛筆を使うためにお薦めしたいこと(4)短寸鉛筆のススメ

短寸鉛筆

「大人が鉛筆を使うためにお薦めしたいこと」の最後に、
「短寸鉛筆」のことをお話ししたいと思います。
つまり、短い鉛筆のススメです。

鉛筆の長さ(170〜180ミリ程度)は、
手のひらの長さ(指先から手首まで)が元になっているようですが、
(ファーバーカステルが決めたらしいですね)
どうも、これが長すぎると感じて仕方ありません。
大人の私が長いと感じるのですから、
小学生にとっては、もっと長すぎるんじゃないでしょうか。
(実際、子供向けのやや短めの鉛筆も登場しているようです)

かつての、鉛筆の使用量がもっと多く、また鉛筆が貴重だった時代には、
長い方が使い出があってよかったのかもしれません。

しかし、現代において、大人の鉛筆使用量から考えて、
それほど長い必要はないように思われます。

それよりも、持ちやすさやペンケースに入れたりして
携帯しやすいことの方が大切な気がします。

私の場合は、鉛筆ホルダーで最初から使えるように、
北星鉛筆さんにお願いして、
130ミリの鉛筆を作ってもらいましたが、
いずれにしても、短めの鉛筆は有用性が高いと考えています。

「短寸鉛筆」 これからのひとつのスタイルにならないでしょうかね?

短寸鉛筆はこちらでご覧になれます。
(文具Shopプラーナのページが開きます。宣伝ですみません)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">