大人が鉛筆を使うためにお薦めしたいこと(3)キャップを使おう

キャップ

前回までに、柔らかめの芯を鉛筆ホルダーで使うことで、
バランスよく手に馴染み、
さらさらと力を入れずに、
鉛筆を楽しめることを紹介しました。

今回は、さらに、キャップを使うことで、
鉛筆に機動力を与えることについて書いてみたいと思います。

これも当たり前の話ではありますが、
鉛筆にしろ、鉛筆ホルダーにしろ、
そのままでは芯がむき出しになっているので、
バッグやペンケースに入れると、
周りが汚れたり、芯が折れたりするので、
携帯性がどうしても悪くなってしまいます。

鉛筆には鉛筆用のキャップが存在します。
学童用のものから、革製のこだわりのものまで、
今はたいぶ種類が増えている気がします。

鉛筆に鉛筆キャップももちろんいいのですが、
私は、「鉛筆ホルダーにキャップ」をお薦めしたいと思います。

それは、
鉛筆に鉛筆キャップだと(最初から短い鉛筆を使えば別ですが)、
もともと長い鉛筆がさらに長くなり、
これが入るペンケースはかなり限られてしまうからです。

鉛筆ホルダーは長さ的に携帯するのにも向いていると思うので、
お気に入りのStyoArt鉛筆ホルダー用のキャンプが欲しくなり、
いろいろ探しているうちに、
Agingの革製鉛筆キャップに目がとまりました。

キャップ

この鉛筆キャップは、「すごい文房具」にも取り上げられたらしく、
機能がデザインに反映した姿カタチに惹かれました。
このデザインをベースに、鉛筆ホルダー用のキャップを
作っていただけないかとお願いして完成したのが、
こちらの鉛筆ホルダー用のキャップです。
(鉛筆ホルダーの軸径に合わせて、大きめのサイズになっています)

キャップ

キャップがあるかないかは、
思った以上に違います。
ペンケースに入れたりする時はもちろんですが、
机の上に置いている時も安心感があります。
また、使用中も、尻軸につけておけば、
机に置いた時のころがり防止になります。

今では、キャップをつけた鉛筆ホルダーがすっかり当たり前になり、
最初からこういうデザインのものではないかと思うくらいになってきました。

鉛筆ホルダー用のキャップはこちらでご覧になれます。
(文具Shopプラーナのページが開きます。宣伝ですみません)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">