「表れる」から「表す」へ

 手で書くことが減った。たぶんそれは間違いないでしょう。
では、書くことの価値は低下したのか。場面によってはそうかもしれません。
しかし、手で書くことと、パソコンやケータイ・スマートフォンで打つのでは、
決定的に違うことがあります。

 それは、手で書いたものには、「字」や「書面全体」にその人が「表れる」
ということです。
以前は、みんなが書いていたので、「表れる」ことを価値としてあまり意識していなかった
かもしれませんが、しだいに書くことがレアになっていく中にあって、
「表れる」ことを積極的に活かすことは、手で書くことの強みであると言えます。

そう、
「表れる」ことを意識的にとらえる、
「表す」ための道具として筆記具を考えてみる、
そこに、「書くということ」のひとつの道があるように思います。

無意識の「表れる」から意識的な「表す」へ、
「アイデンティティ文具」をひとつのジャンルとして捉えてもよさそうです。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">